ニキビ肌は遺伝する?

母はかなりニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、大人になった現在でも、よくニキビができるので、顔のケアは意識してやっています。
そして、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。
不憫なことに絶対にニキビ肌になりそうです。
遺伝とは恐ろしいものだと思いました。
実はニキビ対策のプロアクティブには、たくさんの方法があります。
皆さんがご存じなのは、洗顔だと思います。
水だけで顔を洗うのではなく、洗顔フォームを利用して洗うと、さらに予防効果は高まります。
洗顔が終わったら、化粧水を利用することで、ニキビの予防にはより良いでしょう。
ニキビを防ぐために、私は毎日の朝食で、フルーツを摂取するようにしています。
その時期の旬のフルーツを必ず食べています。
フルーツを摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも吹き出物ができなくなりました。
便の通じが改善したのも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと言えるかもしれません。
ニキビが発生すると潰すのが常のようです。
しかし、潰すと跡が残るのでやめろ、というのがよく聞く説です。
できるだけ早く治すには、ニキビのための薬が一番効能があるかと思います。
ニキビ跡にも効きます。
洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビのできているところだけに薬を使います。
私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、治療をしてもらうことにしました。
医師から、これを処方しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を選択してもらいました。
ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、刺激があるので、患部が治ってきたら塗る回数を少なくしていかなければならないそうです。