銀行カードローン審査に落とされてしまったら

キャッシングは、使う方法によってはすごく便利なものになります。
一方で、キャッシングを利用するには、クレジット会社の審査に合格する必要があります。
この審査で落とされた人は、これまで3か月以上きちんと返済しておらずクレジットカードが自動的に使えなくなったことがある、いわば、ブラックリストに載ってしまった人になります。
キャッシングの審査に受からなくて暗くなってしまったということはないですか?私はそういった経験があります。
でも、がっかりする必要などないのです。
キャッシングは再審査が可能となっているのです。
再度申し込んでみるとあっさりと審査に受かることもあります。
貸金業法が改正されたことで1社で50万以上、又は複数社で100万以上の貸付をする場合は年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、逆説的にとらえればそれより少なければ年収を証明する書類は提出しなくてよいということも考えられます。
ただし、それに満たなくても年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。
キャッシング利用から3ヶ月返済が滞ると、裁判で手続きをせざるを得なくなります。
との文章が記載された書面が自宅に届きます。
返済が滞っても、電話がくるだけなので、つい無視を決め込んで返済を遅らせてしまいます。
しかし、裁判という言葉が書面に踊っていると、恐ろしくて無視はできません。
キャッシングとカードローンはほとんど同じですが、ちょっとだけ違います。
違うのはどこかというと返済の仕方が異なるのです。
キャッシングならカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を買ってから、翌月に一括で返済するという方法をとりますが、カードローンですと、分割で返済することになりますので、その場合だと利息がかかるのです。