ADSLから光に変更すると場合によっては違約金が発生する?

ADSL回線から光回線に変更するときに、気をつけなければいけないのが違約金です。
2年の契約期間を前提にした割引プランを利用していたとしたら、満了月日まで1年以上残っている場合、7000円の違約金が発生します。
また、プロバイダ契約に契約期間を前提にした割引サービスを受けていないかを確認する必要があります。
こちらの方も期間満了の契約更新時期を逃して自動更新されていたりすると、違約金が発生してしてしまうことがあります。
こういったネット環境のキャンペーンや割引サービスの多くは、2年間使い続けることが前提になっている契約がほとんどですから、更新時期がいつだったか見極めて光回線への切り替えを行った方がお得なんですね。
確かめなかったばかりに出費が増えないように気をつけましょう。